ライフカードを使ってマイルを貯める

ライフカード

ライフカードの特徴を活かしたマイルの貯め方

ライフカードの特徴を活用したメインカードよりもお得なマイルの貯め方

ライフカードは普段のポイント交換率は決して高くありません。ANA ToMeCARD PASMO JCB(ソラチカ)カードが1000円の決済で10マイル貯まるのに対して、ライフカードでは1000円で4マイルしか貯めることはできません。これではパワー不足ですよね。

 

そんなライフカードですが、ライフカードの特徴を活かすことで、ANA ToMeCARD PASMO JCB(ソラチカ)カードよりもお得にマイルを貯めることができます。このページではそんなライフカードの特徴を活かしたマイルの貯め方について紹介していきたいと思います。

 

point1

ライフカードは年会費が無料なのでお得

年会費が無料なライフカードはやっぱりお得感あり

マイルを貯める上でメリットのいろいろとあるライフカードですが、やはり年会費が無料というのは、他のクレジットカードと比べて魅力の一つかもしれません。他のクレジットカードが初年度のみ無料としているのに対して、ライフカードは初年度以降も会費はかかりません。せっかくポイントを貯めても、年会費を支払ってポイントがなくなってしまうのでは、あまりメリットがありません。この点でライフカードは年会費の支払いがなくてマイルが貯まるというので、お得感はあるかもしれません。

 

point2ライフカードでマイルの貯め方のコツはお誕生日ポイント

ライフカードを使ってお誕生月に5倍のポイントゲットでマイルを貯める

 

ライフカードの一番の特徴のマイルの貯め方は、なんといってもお誕生月に5倍のポイントを獲得することができる点でしょう。ANA ToMeCARD PASMO JCB(ソラチカ)カードであれば1000円で10マイルのところが、誕生月にライフカードを使うと1000円で20マイルを貯めることになります。欲しいものがあれば、お誕生月に一括して買い物すれば、普段の2倍のマイルを貯めることができるということですね。

 

point3ライフカードの有効期限が長いのでお得

ライフカードは有効期限が長いのでポイントを貯めやすいからマイルも貯めやすい

 

誕生月のボーナスポイントばかりが目に行きやすいライフカードですが、ライフカードのもう一つの特徴は、ポイントの有効期限が長いのでポイントの有効期間を超えてしまって、「ポイントが無くなってしまった」ということになりにくいということです。この「5年間の有効プログラム」は入会した月の翌月から一年間が対象になります。ただ注意も必要で、二年目への繰り越しは自動的にお粉われるものの、それ以降は手続きをしないと消えてしまうので、この手続きは忘れないようにすることが必要です。5年間も有効期限があるのであれば、ポイントが消えることなく、マイルを貯めるのにも効果的ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車