ポイントサイトを攻略すれば、毎月沖縄へ行くANAマイルが貯まる。

stockfoto_85701922_xs

50歳の私がポイントサイトを攻略して、毎月沖縄へ行くマイルを貯めている方法

ANAマイルを貯めて沖縄へ行こうとすれば、レギュラーシーズンで18000マイル必要です。

 

ana%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e6%b2%96%e7%b8%84

 

ANA公式サイトより

18000マイルを貯めようと思えば、

クレジットカードを利用して貯めようと思えば、

最もANAマイルが貯まりやすいとされるANA VISA ワイドゴールドでも、

105万円あまりの支払いを、毎月ANA VISA ワイドゴールドを利用して支払う必要があります。

これでは毎月沖縄へ行くマイルを貯めるなんてことは、夢のまた夢ですね。

ANAマイルが貯まるクレジットカードの情報はこちらにまとめましたので、よろしければご覧ください。

クレジットカード決済で一番ANAマイルが貯まるカードまとめ

 

ポイントサイトを利用すれば、ANAマイルはあっけなく貯めることができた。

私はハピタスというポイントサイトを攻略して、毎月7万ポイントを貯めることができています。

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e8%b2%af%e3%82%81%e6%96%b9%ef%bc%91

 

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e8%b2%af%e3%82%81%e6%96%b9%ef%bc%92ハピタスの7万ポイントは、効率よくANAマイルへ変換すれば、

6万3千ANAマイルへ交換できます。

6万3千マイルは、買い物で貯めようと思えば

なんと630万円の支払いに相当するマイルです。

 

ポイントを最も効率よくANAマイルへ変換する方法

最もマイルへ効率的に移行するポイントの移行の仕方は、よく知られているとおり、

ハピタスポイント(2万ポイント)

⇒PEXポイント(20万ポイント)

⇒メトロポイント(ANA ToMe CARD PASMO JCB)(2万ポイント)

⇒ANAマイル(1万8千マイル)

という流れです。

 

hapitas%ef%bd%9epex%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%882

ハピタスポイント2万ポイントはPEXポイント20万ポイントへ交換できます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

pex%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%a1%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

 PEXポイント20万ポイントはメトロポイント2万ポイントへ交換できます。

 

%e3%83%a1%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%8b%e3%82%89ana%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab

メトロポイント2万ポイントはANAマイル1万8千マイルへ交換できます。

 

ただし、このメトロポイントからANAマイルへの移行ですが、

月間で変換できるポイントは2万ポイントが上限です。

 

またさらに、ハピタスポイントは貯めやすいポイントサイトなんですが、

ハピタスポイントも毎月変換できるポイントが3万ポイントと、制限されているんですね。

 

つまり、ANAマイルへ2万ポイントを変換して、

残り1万ポイントは現金や買い物に利用できるわけですが、

残りの4万ポイントは使い道がなく貯まり続けていくということなんです。

 

私がハピタスでポイントを稼いでいるのは、友達紹介ポイント

私はハピタスでマイルへ交換するために、

ポイントを貯め始めて、毎月7万ポイント以上貯めることができています。

 

ですが、ハピタスは毎月の交換できる上限が3万ポイントと決まっていて

これはあまり利口ではないと感じました。

 

ハピタスポイントの場合、1ポイントが1円ですから、

7万ポイントを貯めても3万ポイントしか使えないということは

残りの4万ポイント(=4万円)は使う機会が無いというわけです。

 

10か月貯めたら40万ポイント(=40万円)を、

なんの使い道もなく、放置しているということです。

これはさすがにもったいないと感じた訳です。

 

そこで、ハピタスと同様に人気のあるポイントサイト「げん玉」に置き換えたら

実はもっとポイントが貯められて、しかも無駄なポイントの貯め方をしないで

上手に使えれるのではないかと考えたわけです。

 

私はハピタスで毎月50人くらいの「友達紹介ポイント」を貯めています。

 

毎月7万ポイント貯めていますので、一人の友達紹介のポイントは

7万ポイント÷50人=1400ポイントということになります。

 

私の場合、友達を紹介した場合の

バックしてくれる掛け率が、ハピタスの中では最高の40%ですので

1400ポイント÷0.4=3500ポイント

 

つまり、私が紹介した人は、平均して3500ポイントをハピタスを利用して獲得していて

私には、この3500ポイント×40%=1400ポイントが

バックされているということです。

 

わかりますか?

 

これを「げん玉」に置き換えたらどうなるでしょうか?

 

げん玉の特徴を活かしたポイントの貯め方

げん玉の特徴は、なんといっても3ティア性を採用しているということです。

 

ポイントサイトの友達紹介ポイントは、普通は2ティアです。

2ティアとは、紹介した自分を1ティアとして、自分が紹介した人(自分の子にあたる人)が2ティアです。

 

この2ティアが獲得したポイントのうち、

既定のパーセンテージで報酬をバックしてくれるのが2ティア制といいます。

 

ところが、げん玉は2ティアではなく3ティア制を採用しているのです。

ws000006

私の場合50人に紹介できるとすれば、2ティアのポイント還元率は30%です。

 

ハピタスが40%なのと比べると10%もげん玉は劣ります。

 

ですが、3ティアが獲得した場合も、自分のポイントとすることができます。

 

仮に3ティアとなった人が5人ずつ紹介したとすると、3ティアから私にバックされるのは7.5%になります。

 

このパーセンテージを私がハピタスで稼いでいる単価に置き換えてみましょう。

3500ポイント×35%×50人=61250ポイント

 

ハピタスの場合70000ポイントですから8750ポイント少なくなってしまいました。

 

ですが、げん玉の場合、3ティアの報酬も獲得することができます。

 

2ティアの人50人が5人の3ティアへ紹介したとします。

そうすると

50人×5人×3500ポイント×7.5%=65625ポイント

 

つまり、2ティア報酬+3ティア報酬=61250+65625=126875

 

なんと12万ポイントあまりを貯められるということになるわけです。

 

これであれば、ANAマイルに変更できるのが2万ポイントだとしても

残りの10万ポイント分(現金10万円)分はお小遣いにできる。

 

沖縄旅行へ行くマイルを毎月貯められて、しかも10万円のお小遣いが毎月貯まるとなれば

これはやってみようと思いませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車