「ANAマイルを貯めて、3か月後に沖縄へ行こう」モニターの内容

Aerial view of deserted tropical island on coral reef, Okinawaこのページは3か月後に沖縄へ行けるマイレージの貯め方を紹介するページです。

 

このページは、私が「この方法ならば、3か月後にはANAマイルを貯めて沖縄へ行ける」と考えた究極の裏ワザを、モニターとして実践して頂く方法を紹介するページです。

 

このページをよく読んで実践して頂ければ、3か月後には必ず沖縄へ行くことができるANAマイルが貯まります。(※)

 

モニターをして頂く内容は

  1. まずはANAマイレージの会員になる。
  2. ポイントサイトで沖縄へ行くのに必要なANAマイル分のポイントを貯める。
  3. 貯めたポイントをマイレージへ変換する。(ちょっとコツがいります。)
  4. 友達にも教えてあげて、また3か月後に沖縄へ行けるマイルを貯める。

以上の3つの手順です。

 

この裏ワザをよく読んで、マニュアルの指示通り実践して下さいね。

 

※羽田~那覇までの、レギュラーシーズンで必要なANAマイル(1万8千マイル)が貯まる方法を紹介しています。

 

手順に入る前に

これからマイルの貯め方を実践して頂くわけですが、まずは楽天銀行や、ジャパンネット銀行などのネットバンクを開設しましょう。

 

これから紹介する手順の中では、銀行口座を登録する場面も出てきますので、「普段給与振り込みなどで使っている口座を登録するのはちょっと・・・」という方は、口座を分けておいた方が安心だと思います。


 

 

手順1:ANAマイレージ会員になる。

まずはANAのマイレージ会員になります。まずはマイレージの会員にならなくては始まりませんね。

ANAのマイレージ会員になるためには、ANA公式サイト「ANAマイレージ会員登録」から申し込みください。

ana%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b8%e4%bc%9a%e5%93%a1%e7%99%bb%e9%8c%b2

ANA公式サイトはこちらから

手順1の注意点

マイレージの会員になるときの注意点を紹介しておきます。

いろいろなブログやHPでマイルの貯め方が紹介されていて、「ANAーVISAカートがいい」とか「ANAゴールドカードで買い物をしたら、100円で1マイル貯まるからオトク」などなど「ANAマイルが貯まるクレジットカード」について様々な情報があります。

 

ですが、それらのクレジットカード付きのANAマイルカードでマイレージ会員になる必要はありません。

 

なぜならクレジットカード付きのANAカード一生懸命クレジットで決済しても、3か月後に沖縄へ行くANAマイルは貯まらないからです。

 

一番ANAマイルが貯まるとされている、「ANA VISAワイドゴールドカード」でも、ANAマイルの還元率は1.71%です。

 

つまり100万円をANA VISAワイドゴールドカードでクレジットで決済しても、1万7千100マイルしか貯まらないということです。

 

3か月で100万円クレジットカードで決済することは、普通の人には無理ですよね。

 

なので、クレジット機能付きのANAカードで、お買い物で「3か月後に沖縄へ行くマイルを貯めるのは無理」ということです。

 

関連まとめ⇒クレジットカード決済で一番ANAマイルが貯まるカード

ana%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%8c%e8%b2%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%ab

 

 

なので、いろいろとマイルが貯まるカードなんて検索しないで、とりあえずは公式サイトからANAのマイレージ会員になりましょう。

ANA公式サイトはこちらから

 

 

手順2:ポイントサイトでANAマイルへ交換するためのポイントを貯める。

ポイントサイトでANAマイルへ交換するためのポイントを1万8千マイル分を貯めます。そのために、まずこちらの「げん玉」というポイントサイトへ登録してください。もちろん登録は無料です。

 

ポイントサイトへ登録すると、いろいろなメールが届くようになりますので、それらのメールがウザいと感じる方は、G-MAILなどのフリーメールを取得して、そちらのフリーメールで登録するようにしましょう。

 

%e3%81%92%e3%82%93%e7%8e%89

「げん玉」公式サイトはこちら

 

「げん玉」でポイントを20万ポイント貯めると、ANAマイル1万8千マイルへ交換できます。

 

「20万ポイントなんて簡単に貯まるわけないじゃん」という声が聞こえてきそうですが、実は「げん玉」で20万ポイントを貯めることが、それほど難しいことではありません。

 

2-(1)保険の無料相談でポイントを貯める

「保険の無料相談」は無料で大きなポイントを獲得することができます。「げん玉」の会員になったら、まずは検索窓で「保険」と検索してみましょう。いろいろな保険無料相談のメニューが出てきます。

%e3%81%92%e3%82%93%e7%8e%89%e3%80%80%e6%a4%9c%e7%b4%a2

右上の検索窓で検索してみましょう。

保険で検索すると、いろいろな保険のメニューが出てきます。

 

例えば「保険の時間」という無料相談であれば、無料相談をうけるたけで、11万2千ポイント貯まります。

保険マンモスであれば、6万ポイント貯まります。(げん玉の場合10ポイントが1円相当です。つまり「保険の時間」であれば、1万1200円を貰えるわけです。)

 

この二つの無料相談を受けるだけで、17万2千ポイントがたまります。

%e3%81%bb%e3%81%91%e3%82%93%e3%81%ae%e6%99%82%e9%96%93

%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%82%b9

 

 

保険の無料相談と聞くと、「しつこく保険の勧誘があるんじゃないの?」と心配する人が多いと思いますが、それは大手生命保険会社の「保険レディー」が昔やっていた勧誘の仕方です。

 

今ではそのようなしつこい勧誘はありません。

 

特に保険マンモスは、保険無料相談業界の老舗で、保険選びに役立つ情報を無料で教えてくれますので、是非参考にされるといいと想います。

 

 

保険相談を受けるときの注意事項

保険の無料相談をうけて、確実にポイントを獲得するためには注意事項があります。

 

どの保険相談にも書いてありますが、「ポイント目的の無料相談と判断した場合はポイントは付与しません」と書いてあります。

 

つまり、保険相談のあとで相談員へ「ポイントは?」とか「ポイントはいつ付くの?」とか「本当にポイントはつくの?」とか聞くと、ポイント目的と判断されてポイントは付かないという可能性が高いということです。

 

注意しましょうね。

 

2-(2)クレジットカードの申し込みでポイントを貯める

クレジットカードの案件もポイントを貯めやすい案件です。

 

年会費が無料や年会費があまりかからないクレジットカードの申し込みをしましょう。

 

ファミマTカード

ご存じファミマTカードです。ファミマで利用できて、ポイントも貯めやすいのでお得なカードです。入会金・年会費無料で、申し込みをするだけで2万2500ポイントを獲得できます。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%9et%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

 

三菱東京UFJ-VISAデビットカード

年会費が掛かりますが、年間10万円分の利用をすれば年会費も無料になります。デビットカードですので、口座に入っているお金分しかクレジットカードとして利用できませんから、使い過ぎで悩んでいる人や、クレジットカードが作れない方も作りやすいカードです。申し込みだけで2万5千ポイント貯まります。

%e4%b8%89%e8%8f%b1ufj%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88

 

 

手順2のまとめ

手順2では「げん玉」で沖縄へ無料で行く方法を爽快しました。

 

「げん玉」で無料で沖縄へ行けるポイントを意外に簡単に獲得できるのが、おわかりいただけたでしょうか?上の4つの案件に無料登録したり、無料でカードの申し込みをするだけで、21万9500ポイント(現金2万1950円分)を、貯めることができているわけです。(もちろんこの段階で現金にすることもできます。)

「げん玉」で貯めたポイントを現金化する方法

 

ただしこのポイントは上手にマイルへ変換しないと、沖縄へ行く1万8千マイルに移行できません。次の手順では、確実に1万8千マイルへ変換するテクニックについて紹介します。

 

「げん玉」でポイントをまだ獲得していない人は、まずはポイントを獲得しておいてくださいね。⇒「げん玉」公式サイトはこちら

 

 

 

手順3:貯めたポイントを高率でANAマイルへ変換する。

「げん玉」で貯めたポイントをANAマイルへ高い変換率で変換するためにはコツが必要です。

手順3-1 ANA ToMeCARD PASMO JCB(ソラチカ)カードを獲得する。

よく検索されているキーワード

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車