iSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)レビュー

マイル貯め方

ANAのマイレージプログラムを最大限に活用するマニュアル

アイスカイアンバサダーレビュー・感想・レポート

 
 

iSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)のレビュー(その1)

日常生活を工夫してマイルを極限まで貯める方法のマニュアルを購入しましたので、レビューをします。
 
 

まずこのマニュアルを購入して思ったのが、その内容の豊富さに驚きました。
このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)ですが、全編が5編に分かれています。
 
 

各編、多い少ないありますが、総ページ数で800ページほどあります。各編とも図入りで丁寧に説明されていますので、いろいろなマイルの貯め方について、丁寧に解説されています。
 
 

このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)を読むと、今まで自分がどれだけ、マイル 貯め方で損をしてきたか、嘆きたくなるほどです。
 
 

このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)は飛行機にのったときのマイル 貯め方を紹介しているだけではありません。このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)がすばらしいのは、日常生活で貯めるマイルの一般知識から、マイル 貯め方の裏技まで、幅広い範囲を網羅している点です。
 
 

このマニュアルの公式サイトでは、iSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)を実践したおかげで、1年間で海外旅行へ行けた人の体験が紹介されていますが、この体験は、公式サイトの中だけではとどまりません。
 
 

このマニュアルを購入した一般の方々も、普通では考えられないほどのマイルを貯め、旅行へいった体験が紹介されているのです。
 
 

マイルは出張や旅行をたくさんする人の為だけではない

このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)を読むと、マイルは出張や旅行をたくさんする人のものでないという、マイル 貯め方に気づきます。普通はそのように思って真剣にマイルなんて貯めていないと思います。
 
 

そのような方は、確実にマイル 貯め方において損をしています。実は私も全く同じで、そう思っていましたので、確実にマイル 貯め方において損をして来ました。
 

このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)で紹介されているマイル 貯め方
このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)で紹介されているマイル 貯め方は次のような場面でマイルを貯めることができます。
 
 

クレジットカードが使える飲食店やサービス
ワタミ・ドコモ・フレッツ光・マツキヨ・TSUTAYA・ブックオフ・ユニクロ・楽天市場・楽天トラベル・楽手オークション・タクシー・レンタカー・ENEOS・出光ほか
 
 

クレジットカードが使えない飲食店やサービスでもマイルが貯まる
・吉野家・大戸屋・モスバーガー・ケンタッキー・リンガーハット・サーティワンほか
 
 
公共料金でも
・電気・ガス・水道・電話・プロバイダ・自動車税・軽自動車税・固定資産税・住民税・国民健康保険ほか
 
 

公共料金の場合は、該当する市町村としない市町村もありますので、そのあたりの情報の探し方も、iSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)の中では紹介されています。
 
 

これらの飲食店や公共料金は誰でも利用しているものですね。おそらくこちらのサイトへ訪問頂いた多くの方が該当すると思います。
 
マイル 貯め方について調べていらっしゃるのであれば、いろいろとサイトを捜して情報を集めるのに時間をかけたり、書籍を何冊も購入するよりも、このマニュアルを1冊購入し、ノウハウを蓄積してマイル 貯め方を実践したほうが、はるかに効率的です。
 
 

複雑なマイルの重ね取りテクニックを徹底して解説

このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)が通常の書籍と違うのは、日常の場面でのマイル 貯め方だけでなく、その場面でどのように効率的にマイル 貯め方があるのか解説している点です。
 
 

マイル 貯め方習う上で、マイルの重ね取りのテクニックは忘れてはいけません。このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)はこのマイルの重ね取りの方法を、初心者のレベルから上級者のレベルまで、様々な方法を紹介しています。
 
 

このiSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)を実践し、毎日の生活費の支払いをマニュアルとおりにするだけで、ほとんどの方が1年に1回は飛行機で国内旅行か近場の海外には行ける位のマイルは間違いなくを貯められるマニュアルです。
 
iSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)の公式サイトはこちら⇒クリック 
 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車