JALカードでボーナスマイルが貯まる

JAL

飛行機に搭乗したときに通常のマイルのほかにボーナスマイルが貯まっているをご存知でしょうか。
しかもボーナスマイルはいろいろあり、そのマイル数もかなり大きなものです。
しかもカードの種類によってもボーナスマイルに違いがありますので、
どうせカードを作るなら、ボーナスマイルを獲得できるカードの方がお得です。
 
 

JALのボーナスマイルはフライトマイルに加えてもらうことができるので、
通常のフライト+ボーナスマイルが貰えるということになります。
 
 

では、ボーナスマイルにはどのような種類があり、どのカードがお得なのでしょうか。
 
 

それぞれのカードと貰えるボーナス

最初のボーナスは入会搭乗ボーナスというもので、
カードに入会後、初めて搭乗する時に1回のみ貰えるボーナスで
普通のカードやJALカードnaviであれば1,000マイルもらうことができます。
 
 

CLUB-AやCLUB-Aゴールド、JALダイナースカード、プラチナカードであれば5,000マイルもらうことができます。
これはかなり大きな違いがありますね。
 
 

次に毎年初回搭乗ボーナスと言って、入会搭乗ボーナスをもらった翌年移行に、
毎年初めて搭乗することでボーナスマイルをもらうことができます。
 
 

普通カードやJALカードnaviの場合は1,000マイル、
そして先程と同じくCLUB-AやCLUB-Aゴールド、JALダイナースカード、プラチナカードの場合は
2,000マイルもらうことができます。
 
 

もし、入会搭乗ボーナスの時は普通のカードだったけど、
その後切り替えた場合は、初回搭乗ボーナスの時に獲得したマイル数を引いたマイル数
(普通のカードであれば1,000マイルもらっているので、初回搭乗ボーナスは差し引き4,000マイル貰えるということになります)
が積算されます。
  

最後に、搭乗ごとのボーナスマイルがあり、
普通のカードやJALカードnaviの場合は区間マイルの10%貰うことができ、
CULB-AやCLUB-Aゴールド、JALダイナースカード、プラチナカードの場合は
区間マイルの25%もらうことができます。
 
 

ただし、JMB FLY ONプログラムの中の区間マイルのマイルアップボーナスと
重複してマイルを獲得することはできません。

カードによって獲得できるマイルに大きな違いがある

このように、持っている(作った)カードの種類によって獲得できるマイル数が大幅に違ってきます。
 
 

カードに入会した後に、1回だけもらえる入会搭乗ボーナスで見てみると4,000マイルもの差がありますから、
金額に換算すると100円で1マイルになることが多いので、
この場合ですと400,000円の買い物をしたときに獲得できるのが4,000マイルですから、
それだけ大きな買い物をしたことと同じマイル数の違いが出てきます。
 
 
そう思うとプラチナカードを持つのはかなり厳しいという方でも
JALダイナースやCLUB-Aであれば入会できる人も多いのと思いますので、
 
 
マイルをこれから貯めようと思っている人は
多くマイルを貯めることができるカードを持つほうが効率よくマイルを貯めることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車