病院でもマイルは貯まる|マイル 貯め方

人間ドック マイル貯め方

人間ドックでマイルを貯める

ANAマイルの貯め方として知っておきたいプログラムのうちの一つに、メディカルマイルというプログラムがあります。このメディカルマイルは人間ドックの申し込みで、お得にマイルを貯めることができるプログラムです。
 
 
WS000003
 
 
このメディカルマイルは全国各地のウェルネス医療機関と提携をしていて、電話やwebからの申し込みでお得にマイルを貯めることができます。
 
 
例えばPET検査コースを受診し、17万円の医療費の場合、一挙に4700マイルを貯めることができます。通常にショッピングでクレジットカードの支払いであれば、4700マイルを貯めようと思えば47万円もの買い物をしなければなりません。
 
 
ところが、このメディカルマイルのサービスを利用すれば、17万円の検診代で、倍以上のマイルを貯めることができるわけです。
 
 
人間ドックでマイルの貯め方
人間ドック マイルの貯め方2
 
 

通常の診療でもマイルは貯まる

病院で診察料を払うときにも、クレジットカードを使えることがあります。

国立病院の独立行政法人化をきっかけとして、カード払いができる病院がどんどん増えています。病院でもクレジットカードで支払いができるということは、マイルの貯め方として、しっかり覚えておきたいことです。

小さいクリニックなどではまだ導入されていないことも多いですが、大きい病院ではシステムが導入されている可能性がありますので、聞いてみるとよいでしょう。ステッカーが貼られてなくても、可能である場合もよくあるようです。

医療費は、どんな人でも毎年出費があるはずですから、一年間になるとかなりの金額になっているかもしれません。この出費もできるだけカード払いをしたいですね。病院でも、カードが使えるかの確認を忘れずにして、マイルの貯め方として使うようにしましょう。

たとえば、入院などをしたときには、かなり高額の自己負担分の請求があることも十分にあり得ます。医療保険に加入していると負担してもらえるのですが、問題は保険金を受け取るまでにタイムラグがあることです。

こんなときも、マイルの貯め方の一番の方法であるカード払いができるかを確認しておくことによって、カード払いができれば締めの翌月の支払いになりますから、それまでに保険金が支払われることも考えられます。カード払いができる点が、有効に活かされることになりますよね。

そして、一時的な自己負担分の高額な支払いをカード払いしておいて、その金額が後日保険金で戻ってきたら、自分が負担することなく、たくさんのマイルを貯められることになります。これは、大きなメリットあるマイルの貯め方ですね。

病院では必ずクレジットカードが使えるかを確認して、しっかりとマイルの貯め方として活かすようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車