正しい方法を知ればマイルは貯まる

マイルの貯め方の基本を紹介

このブログはマイルの貯め方の基礎の基礎を紹介するブログです。

多くの方は、「マイルって聞くけどどうやったら貯まるの?」とか、「マイレージカードを申し込んでいるけど、全然貯まらない」とか、「貯めているうちにマイルがいつのまにか期限切れになってた」とか、思っている方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか。その結果、「やっぱりマイルって貯まらない!!」って思っていませんか?

また、少しでもマイルについて調べた人は「マイルを貯めて海外旅行へ行ったなんて嘘でしょう!!」」という結論に至っているのではないでしょうか。

だけど実際にマイルは貯めることができます。上手に貯めると、1年間で海外旅行へ行くのも可能なんです。私は埼玉の所沢に住んでいますが、実家がある愛媛県へ帰るために、マイルを貯めて夏休みと冬休みは、マイルで帰省していますので、何年も飛行機代を払って飛行機を利用したことがありません。

実はマイルを貯めるにはコツがあるんです。

マイルの貯め方のコツとは

マイルの貯め方のコツは、日常生活の中でマイルを貯めることです。マイルは飛行機を利用するときだけに貯めるものではありません。日常的に掛かかる食費や光熱費、ガソリン代や税金の支払い、電車代やホテルの宿泊代これらをクレジットカードで支払うことによって、マイルは自動的に貯まって行きます。


このクレジットカードでの支払いに置き換えて、日常的にマイルを貯めていくということが、マイルの貯め方の基礎の基礎です。コンビニでの支払いだってマイルを貯めることができるんです。

まずは基礎を身につけましょう

日常生活でマイルを貯めることは、マイルの貯め方の基礎の基礎です。まずはこの方法で「マイルって貯まるんだ」という実感を持ちましょう。まずは小さな成功体験が必要です。

日常生活の中でマイルが貯まることを実感できたら、次の段階へ進みましよう。

日常生活の中でマイルを貯めることが実感できたら、少しずつ不満も出てくると思います。「確かにマイルが貯まり始めたけど、1年間に海外旅行へ行けるほどは貯まらないじゃん。」そんなふうな不平も出て来るかもしれません。

確かにマイルの貯め方には裏ワザがあります。この裏ワザを実行することで、マイルを貯める速度は、二倍にも三倍にもなります。その方法も、このブログの中で紹介していきます。ですが、まずはマイルの貯め方の基礎の基礎を学んで下さい。いきなり裏ワザ的なマイルの貯め方を紹介しても、きっと多くの方が挫折してしまいますからね。

マイルの貯め方の裏ワザ

本当にマイルの貯め方の裏ワザなんてあるの?と言われる方に、マイルの貯め方の裏ワザの一つを紹介しておこうと思います。このような方法はいろいろと、このブログの中で紹介しています。ですが、マイルの初心者の方は、まず基本を身につけて下さい。そうでないと、マイルの貯め方の裏ワザは、なかなかややこしくて、必ず途中で嫌になってしまいますからね。

それでは、マイルの貯め方の裏ワザの一例を紹介しておきましょう。

楽天カードを使って、楽天トラベルで15倍もマイルを貯める裏ワザ

楽天カードを使った3重獲りというマイルの貯め方について紹介します。この裏ワザを使うと、なんとマイルを15倍も貯めることができるんです。

楽天トラベルにはポイントが10倍貯まるプログラムというものがあります。この10倍プログラムを使うと、それだけでポイントを10倍貯めることができるということになりますが、そんなに単純ではありません。この10倍プログラムの中でマイルにポイントを移行することができるものは、決められているんです

ポイント10倍の楽天トラベルプログラム

楽天トラベルでマイルを重ねどりするためには、まずANAマイレージモールから申し込みをすることが必要になります。このANAマイレージモールというのは、マイレージ会員であれば誰でも無料で利用できるサービスです。


ANAマイレージモール⇒クリック

一種のショッピングモールですが、このモールの中に楽天トラベルも参加しています。実はこのモールから申し込みをすることで楽天の決済のほかに、ポイントが付与されるのです。

ここでわかりやすく1万円のホテルを予約するとしましょう。このANAマイレージモールでは200円ごとに1マイルが付与されます。つまり1万円のホテルだと50マイルが付与されるわけですね。

次にこのモールの中で楽天トラベルを探して頂き、楽天トラベルのサイトの中から10倍ポイントがつくプログラムを探して頂きます。
ポイント10倍の楽天トラベルプログラム

このプログラムから泊まりたいホテルを探して申し込みをするわけです。そうするとここでも申し込みでポイントが付与されます。楽天の場合も200円ごとに1マイルですから通常であれば50マイルですが、10倍のプログラムで申し込みをしているので500マイル貯まることになりますね。

ここでちょっとお待ちください。決済はまだしないで下さいね。決済はまだしてはダメです。

申し込みをするときにクレジットの決済画面が出てきます。この時に普通は楽天カードで決済をしてしまいますよね。ですが、マイルの貯め方の裏ワザではここで一工夫です。

楽天カードで決済をするのではなくて、ANAカードで決済するわけです。下の絵のプルダウンボタンを押すと、楽天カード以外のカードを選ぶことができますし、登録していないときは、こちらから登録することができます。

楽天カードで決済すると500マイルのままです。しかしANAカードで決済することによって、更に重ねてマイルを貯めることができるんです。ANAカードのマイル交換レートは100円で1マイルですから、1万円のホテル代は100マイル貯めることができるんです。解りますか?

マイレージモールからの申し込みで50マイル、楽天トラベルで500マイル、ANAカード決済で100マイル。合計650マイルも獲得することができるんです。

通常であれば楽天トラベルで1万円のホテルを申し込みをしたら50マイルです。ですが、このようなマイルの貯め方の裏ワザを知っていることによって、マイルはなんと650マイルのもなるんです。普通に申込みをするよりも13倍ものマイルを貯めることができるんです。

650マイルって大きいですよ。通常の買い物で貯めようと思ったら13万円分の買い物をしなければなりません。

この為に使ったリスクはないですよね!!?ちょっと時間は使ったかもしれませんが、それにしても単純に申込みの仕方を変えて、支払いの方法を変えただけですよね。このようにしてマイルを貯める裏ワザはいろいろとあるんです。

ですが、このような裏ワザはマイルの初心者にとっては、混乱してしまうと思います。ですのでまずはマイルの貯め方の基礎の基礎を固めましょう。

効率よくマイルを貯めるにはメインカードの選び方が大切

日常生活でマイルを貯めるためには、クレジット機能付きのマイルカードが必須なんです。
マイル 貯め方を考えるときに、最強はANA-JCB提携カードです。

クレジット機能が付いたANAカードには、ANA JCBカード ANA VISA/Masterカード ANA VISA Suicaカード ANAアメックスカードの4種類のカードがあります。それらの中でもこのANA-JCB提携カードが年会費が一番安く、しかもマイルへの移行手数料も一番安いからです。

それらの中でも、ANA JCBカードがメインカードとしては最適なんです。

メインカードの選び方について詳しくはこちら⇒マイル 貯め方 メインカードの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車