マイルを貯めるカードの選び方

ANA

マイルの貯め方として、クレジットカードを使うということが挙げられますが、クレジットカードの中には効率良くマイルを貯められるカードがあります。
 
 

どのカードが還元率が高いか、どんな人が利用しやすいかという点を知って、自分に合ったカードを選ぶことで、効率の良いマイルの貯め方が実践できるのです。
 
 

それでは、どんなカードがおすすめなのでしょうか?
 
 

今おすすめのカードはこちら

以前お勧めしていたのはANAーJCBカードでした。以前おすすめしていたカードの関連記事⇒マイルの貯め方の基礎の基礎
 
 
ですが、今おすすめのカードはこちらのカードです。⇒ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカードと呼ばれています)を持つことが条件です。




 
 
このカードとポイントサイトを組み合わせることで、割に簡単に2万マイルを貯めることができます。

このソラチナカードには、マイルを貯め方として、絶対に抑えるべき特典がついています。その特典というのがメトロポイントです。メトロポイントは10:9の比率でマイルに交換することができます。
 
 
この交換比率は、他のカードでは類を見ない交換率の高さです。といっても、メトロだから「地下鉄!!?」というわけではありません。ポイントサイトとの組み合わせによって、驚くほどのスピードでマイルを貯めることができるのです。
 
 
詳しくは別ページで紹介していますので、よろしければご覧ください。⇒ソラチナカードを使って驚異のスピードでマイルを貯める方法
 
 

その他のマイルを貯めるクレジットカード

まずは、航空会社の発行するカードをメインカードとして持ちたいものです。ANAでもJALでも、マイルが最も貯まるクレジットカードは、航空会社が発行するカードです。
 

 
航空会社のカードは、利用金額ごとにマイルが貯まるだけでなく、特約店などの利用では2倍のマイルがもらえたり、ボーナスマイルも充実しています。航空会社のクレジットカードを持つことは、マイラーの人のマイルの貯め方の基本といえます。
 
 

次に、サブカードとしてふさわしいカードを紹介していきましょう。
 
 

若い人や主婦の方にもおすすめなのが、「ANA JCBカード」です。マイル移行費として年間2,100円を支払うことで、100円=1マイルで貯められます。年会費も2,100円で、航空会社が発行するカードとしてはリーズナブルなので、節約志向の方にも利用しやすいカードです。
 
 

楽天をよく利用する人なら、利用価値の高い「楽天カード」もANAマイルを貯めるには有効です。楽天カードのお得な点は、年会費、移行手数料ともに無料で、100円=0.5マイルで交換が可能です。入会時には1,000マイル相当のマイルももらえますので、マイルの貯め方として知っておきたい情報ですね。
 
 

コノビニのファミリーマートをよく利用する人には、「ファミマTカード」がおすすめです。ファミマTカードは公共料金の支払いができる、優れたカードです。税金や公共料金の支払いを行って、Tポイントを貯めて、そのポイントをマイルに移行することができます。年会費は無料ですから、生活に必須な公共料金などの支払いで、余計な費用を使わずにマイルを貯めることができます。マイルの貯め方として、ぜひ知っておきたいカードですね。
 
 

このように、メインカードに加えて自分に合ったサブカードを持つことが、マイルの貯め方としてはおすすめだということがわかりますね。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車