サブカードの選び方(選び方の基本)

Hand and button Learn isolated on white background

マイル 貯め方を学ぶためには、ANA カード以外 にも、
ANA マイルの 貯まるクレジットカードが多数提供されていることを忘れてはなりません。
 
 

マイル 貯めることのできるカードのうち、代表的なものを羅列してみます。
 
 

三井住友カード・JCBカード・ダイナースクラブ・アメリカン・エキスプレス・KCカード株式会社・ライフカード・ジャックス・タカシマヤカード・タカシマヤカード 《ゴールド》・セブンカード/アイワイカード・エポスカード・Tokyo Metro To Me CARD・KANKU CLUBカード(関西国際空港)・出光カード(プラスポイント)・東京電力Switch!カード・日産カード・NTTグループカード・Volkswagen Card・Audi Ambassador Card・その他にも多数あります。
 
 

詳しくはANAのサイトで紹介されています。⇒ANAのサイト

 

 

なぜサブカードが必要か?

前回の記事で、メインカードはANA JCBカードをおすすめしました。
前回の記事⇒メインカードの選び方
 
 


 
 

「メインカードでマイルが貯まるのであればいいじゃないか」と思われるかもしれませんが
実は理由があるのです。その理由について紹介しましょう。
 
 

理由その1:ANAカードの上限額を超える可能性がある

これからあなたは、マイル 貯め方を習って、日々の生活の中で
できるだけクレジットカードの支払いを行うことで、マイルを貯めることが
できるようになります。
 
 

そうするとANAカードの上限額を超える可能性があります。
  
 

せっかくのマイルを貯める可能性があるのに、これは勿体無いことですよね。
そのような場合に、サブカードがあれば、サブカードで支払いをすることで
マイルの貯め損ないを防ぐことができるわけです。
 
 

理由その2:入会ボーナスポイントもマイルへ変更できる。

各クレジット会社は、入会時にポイントを付与してくれるのが一般的です。
 
 

マイル 貯め方を実践するうえで、このポイントを見逃すことはありません。
特に有名なのは、入会金と年会費が無料の楽天カードです。
 
 

この楽天カードは、入会時キャンペーンやその他のキャンペーンをいろいろと行っています。
期間限定で行っている場合もありますので、時々チェックされるといいと思います。

 

楽天カードについて詳しくはこちら⇒楽天カード公式サイト
 
 
ちなみに楽天のポイントは2ポイントを1マイルとして
交換することができます。
 
 
楽天カードは入会時に2000ポイトを貰うことができるんです。
すなわち1000マイル分ですね。
(特別ボーナス5000ポイントはマイル移行の対象ではありません。
通常の入会ポイントのみが対象です。だけど無料で1000マイルは大きいですよね。)
 
 
また土曜日に楽天市場で何かを購入すると
ポイントが3倍ついたりします。
無料登録で年会費無料ですから、是非利用されるといいと思います。
 
 
楽天カードの無料入会について詳しくはこちら⇒楽天カード無料会員

 
 

サブカード独自のポイント倍増プログラム

クレジットカード 各社 は、独自のポイント プログラムを展開しており、
ポ イント 倍増サービス やポイントの 失効期限が設定されているなど様々です。
 
 

ポイント 倍増サービス で言えば、
ある電力系クレジットカードは指定の気の支払いで ポイント5倍や、
ネット電話の通信系クレジカー ドで あれば、
指定の電話やネット利用代金決済はポイン3 倍などがあるんです。
 
 

このような、セカンドーポイト倍増サビスにて得られた各クレジットカード会社のポインは 、
ANA カードの支払いよりも、マイルが多く貯まる場合があるんです。
 
 
《次の記事》⇒おすすめのサブカードは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
電気で駆動する自動車